映画「あのコの、トリコ。」 原作漫画との違いは?

ども! naoです♪♪

大人気少女漫画「あのコの、トリコ。」が実写映画化されます♪♪

映画のストーリーと原作漫画の違いについて書いてみました。(ネタバレ注意)

※原作漫画のネタバレはコチラ

「あのコの、トリコ。」実写映画化決定! 原作漫画との違いは?

映画「あのコの、トリコ。」のあらすじ

映画「あのコの、トリコ。」公式サイトでは、あらすじがこのように書かれています↓↓

地味で冴えない男子高校生・鈴木 頼は、東京の高校に転入し、幼なじみで初恋の“あのコ”立花 雫と再会。女優を目指し真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、あるきっかけから、雫の付き人に。ランジェリー広告の撮影日、共演するはずだった人気俳優の東條 昴が、アクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を引き受ける。そして、この広告が話題となり、頼と雫、昴の未来を変えていく―。
昴が遂に雫に告白、しかも自分が主演する恋愛映画の相手役に雫を指名する。複雑な想いを抱えながら頼もアート系の映画の主演に抜擢される。頼と雫は互いの夢に一歩ずつ近づくにつれ、すれ違っていき……。そんな中、昴が頼を呼び出し「雫は渡さない」と宣戦布告。雫への想いが抑えられなくなった頼は、昴に無謀な勝負を挑む。
恋と夢が複雑に絡み合う、幼なじみ3人の想いの行方は……?
(出典:映画「あのコの、トリコ。」公式サイト:http://toriko-movie.jp/)

ふむふむ!

頑張って、原作漫画のいいとこ取りをしてまとめてます^^;

 

「あのコの、トリコ。」 映画と原作漫画 ストーリーの違い

映画は、原作とは若干変えているようです。

1番大きな違いは、頼と昴の勝負

映画のあらすじに書いてあるような、頼が昴に直接的な勝負を挑むような展開はありません。

原作漫画では、昴・雫・頼が3人で映画に出演することになり、ここに華も加わります。この4人が共演することで、各々の感情が絡み合って、すれ違って、もどかし展開の中、スカっと決着がつきます。

雫が選ぶのは、もちろん頼。

地味で目立たないメガネ男子だった頼が、頑張るんです!

男をみせるんです!

一番の見せ場だと思うんだけど・・・、あの見せ場、まさか映画でやらないなんて言いませんよね?

どう作ってくれるのか楽しみです。

原作と同じストーリーじゃ映画を見る楽しみがなくなるし、いいのですが、映画でやらないのなら、原作漫画でぜひ読んでほしいです!

「あのコの、トリコ。」 映画と原作漫画 登場人物の違い

原作漫画には、魅力的な男子が3人出てきます。

地味なメガネ男子で幼馴染み・
人気若手俳優の幼馴染み・
雫が役者を目指すきっかけになった憧れの俳優・

3人とも雫のことが好きなんですが、映画では伶が出てこない。。。。残念。

 

「あのコの、トリコ。」映画のラストはどこまでやる?


あらためまして、管理人のnaoです!

映画のラスト、どこまでやってくれるかな?

少女漫画って、なかなか結婚まで描いてくれないし、まして結婚後のことまで描いてくれる漫画なんて少しだけです。

未来のことは読者の想像におまかせします的な少女漫画が多い中、「あのコの、トリコ。」は、頼がプロポーズして結婚するまでを描いて完結でした。

その後続編が出て、頼と雫の結婚生活のことまで描いてくれたありがた~い漫画です。

映画は頼と雫がくっついて終わり?

結婚までやってほしいな・・・。

雫役の新木さんのツイッターの画像をみると、結婚して終わるのかな?

気になります。。。。

あと、私の個人的な願望をもう1つ。

原作漫画の昴は、頼を役者&恋のライバルとして認めつつ、幼馴染みとしての友情も垣間見える、私的に頼より好きなキャラなんです!

映画で、ただただ頼をライバル視する単純キャラになってないことを祈ります!

「あのコの、トリコ。」実写映画は、10月5日公開です!
本屋では内容確認するだけでも恥ずかしいという漫画でも、無料漫画システムを提供している電子書籍だったら、好みかどうかをしっかりと理解した上で買うことができるので安心です。読んだ方がよいか悩む漫画がある場合には、電子コミックのサイトで料金不要の試し読みをすると後で後悔することもなくなるでしょう。チョイ読みしてつまらないと思ったら、決済しなければ良いだけです。書店では見つけられないような古いタイトルも、電子書籍なら販売しています。無料コミックのラインナップ中には、50歳前後の人が少年時代に読みまくった本も沢山含まれています。コミックサイトはいくつもあるので、比較検討して利便性の高そうなものを選定することが重要です。それを実現する為にも、さしあたって各サイトの優れた点を押さえることが重要です。「電車などで移動している間にカバンから漫画を出すのは恥ずかし過ぎる」という人でも、スマホに直接漫画を入れておけば、人目を考慮する必要がなくなると言えます。まさに、これが漫画サイトの素晴らしいところです。読んでみた後で「期待していたよりもつまらなかった」と嘆いても、一度読んだ漫画は交換してもらえません。しかしながら電子書籍なら最初に試し読みができるので、こうした状況を防ぐことができるというわけです。小学生時代に読んでいた思い出のある漫画も、電子コミックという形で取り扱われています。書店では並んでいないような作品も豊富にあるのがセールスポイントだと言っても過言ではありません。